[PR]

 LGBTといわれる性的少数者のための「成人式」が16日、大阪市天王寺区で開かれる。今年で3回目。昨年までは200人規模だったが、今年は会場を移し、300人以上に拡大した。昨秋、東京都渋谷区と世田谷区が同性カップルをパートナーと認める制度を始め、兵庫県宝塚市も同様の制度を6月から予定する。こうしたLGBTへの理解の広まりが、背中を押している。

■成人の誓い「区切りつけたい」

 どんな性の人も自信を持って生きるきっかけになることを目指す「関西LGBT成人式」。新成人以外も参加できる。メインは3人による「成人の誓い」だ。

 その一人、大阪教育大大学院修士2年の古閑丸斉良(こかんまるまさよし)さん(24)=堺市=はこの春、高校の数学教諭になる。「色々な背景をもっている生徒たちにとって、安心できる先生になりたい」

 高校2年のころ、同学年の男子に初めて告白した。一部の女子に広まり、廊下で悲鳴を上げられ、逃げられた。首つり、飛び降り、薬の多量摂取……。死ぬ方法を色々考えたことも。

 大学でLGBTサークルに出合い、学内外で精力的に活動した。気持ちを分かち合える仲間が増える一方、一番近くにいる両親には言い出せなかった。

 昨年10月、母に打ち明けた。何か悩みがあると感じてきた母は「あんたのひっかかりはそれやったんや」と冷静に言った。翌日、実行委員を務めていた関西レインボーパレードに母が訪れ、遠くから笑顔で手を振ってくれた。2カ月後、父にも話した。「斉良は斉良やし、今までと同じや」

 成人の誓いは、この1年の目標だった。「今なら胸を張ってしゃべれます」

 女性の体で生まれ、男性として…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら