[PR]

 陸上の第92回東京箱根間往復大学駅伝最終日は3日、神奈川・芦ノ湖から東京・大手町までの復路(5区間、109・6キロ)があり、青山学院大が10区間合計10時間53分25秒で2年連続2度目の総合優勝を飾った。往路の1区から一度もトップを譲らず、1977年の日体大以来39年ぶり12度目の完全優勝だった。

 前日の往路を制した青学大は、2位に3分4秒差で復路をスタート。往路と同じく復路でも5区間中3人が区間賞を奪い、その差を7分11秒に広げてゴールした。昨秋の全日本大学駅伝を制した東洋大が2位、駒大が3位に入った。1区区間賞の久保田和真(青学大)が最優秀選手に選ばれた。

【総合成績】

①青学大      10時間53分25秒

(久保田、一色、秋山、田村、神野、小野田、小椋、下田、中村、渡辺利)

②東洋大      11時間0分36秒

③駒大       11時間4分0秒

④早大       11時間7分54秒

⑤東海大      11時間9分44秒

⑥順大       11時間11分24秒

⑦日体大      11時間11分32秒

⑧山梨学院大    11時間11分51秒

⑨中央学院大    11時間13分31秒

⑩帝京大      11時間15分21秒

⑪日大       11時間16分50秒

⑫城西大      11時間20分6秒

⑬神奈川大     11時間20分7秒

⑭明大       11時間20分39秒

⑮中大       11時間21分48秒

⑯拓大       11時間23分54秒

⑰東京国際大    11時間24分0秒

⑱大東大      11時間28分45秒

⑲法大       11時間31分12秒

⑳上武大      11時間36分46秒

※関東学生連合   11時間15分30秒

(※関東学生連合はオープン参加のため順位なし)