[PR]

 サウジアラビア内務省は2日、テロに関与した罪で47人の死刑を執行した。サウジの国営通信が伝えた。処刑された死刑囚の大半は国際テロ組織アルカイダのメンバーだが、同国のイスラム教シーア派高位聖職者のニムル師が含まれるため、シーア派の大国イランなどが反発を強めている。

 サウジはスンニ派のイスラム教国だが、シーア派も人口の約15%を占める。

 中東に民主化運動「アラブの春」が広がった2011~12年には、ニムル師らが隣国バーレーンのシーア派と呼応してサウジ東部で反政府デモを主導し、治安部隊に鎮圧された。地元メディアによると、同師は12年に逮捕され、火炎瓶を準備したり、宗派対立をあおったりしたとして、複数の罪に問われ、14年に死刑判決を受けた。イランは執行しないよう要請していた。

 同氏の死刑執行を受け、イラン…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも