[PR]

 4日午前5時半ごろ、岩見沢市美園1条4丁目の国道12号で、近くの無職粟津紀雄さん(75)がトラックにはねられ、外傷性ショックで死亡した。岩見沢署はトラックを運転していた旭川市旭神1条5丁目、運送会社員木下一浩容疑者(52)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、容疑を同致死に切り替えて調べている。

 同署によると、現場は片側2車線の直線道路で、横断歩道や信号機はないという。粟津さんは全盲で白い杖をついており、ごみ出しの途中だったとみられる。岩見沢市によると、粟津さんは要介護認定を受け、買い物やゴミ捨てなど身の回りの世話をしてもらう訪問介護のサービスを受けていたという。

 約20年のつきあいがあり、同じ集合住宅で暮らす70代の女性は、買い物や床屋に出かける際、よく付き添ったという。「いつも『迷惑を掛けられない』と遠慮していた。もっと頼ってほしかった」と話した。