【動画】豊漁のトラフグを前に活気ある初競り=上田幸一撮影
[PR]

 天然トラフグの取扱量が日本一の山口県下関市の南風泊(はえどまり)市場で4日未明、新春恒例の初競りがあった。年末から天候に恵まれた影響で、天然物が昨年より3・2トン多い4・3トンの豊漁となった。

 競り人と仲買人が筒状の袋の中で指を握り合って価格を決める独特の「袋競り」で、日本海や瀬戸内海でとれたトラフグが次々に競り落とされた。市場を運営する下関唐戸魚市場の原田光朗(こうじ)社長は「天然、養殖ともにおおむね順調。フグ業界のリーダーとしてしっかり供給していきたい」と話していた。(上山崎雅泰)