[PR]

 共産党の志位和夫委員長や山下芳生書記局長ら幹部が4日、天皇陛下が臨席する通常国会の開会式に党として初出席した。今夏の参院選での野党共闘をにらんで、「天皇制に反対する立場で欠席しているとの誤解」(志位氏)を払拭(ふっしょく)するのが狙いだ。

 共産はこれまで、開会式について「戦前議会の儀式を引き継ぎ、憲法を逸脱」と批判。1947年に一部議員が開会式の内容を確認するために出席した例を除き、欠席してきた。

 志位氏は、開会式後の会見で「出席方針をとったことはよかった」と述べた。今後は「高い玉座が設けられ、(天皇陛下の)お言葉を賜るという形式は日本国憲法の主権在民の原則に反する」との立場から、改善を求めつつ出席を続ける方針だ。(星野典久)