[PR]

 多くの企業で仕事始めとなった4日、商売繁盛の神様を祭る東京・神田の神田明神には、スーツ姿のビジネスマンを含め、多くの参拝客が訪れた。神社によると、日本橋や大手町など周辺に多くの企業があり、4日と5日の2日間で約4千社の企業がおはらいを受けるという。

 ビッグデータや人工知能などを扱うITベンチャー企業の男性は「営業利益は赤字の予想だけど、何とか真っ黒にして、事業も拡大していきたい」と話していた。(白井伸洋)