[PR]

 中国の株式市場は新年最初の取引となった4日、上海・深圳両市場ともに大きく値下がりした。現地時間の午後1時半過ぎには両市場の値動きを総合的に表す指数が7%下落したため、取引を停止する「サーキットブレーカー」が史上初めて発動された。

 一定の値幅を超えた場合に取引を止めるサーキットブレーカー制度は、中国ではこの日から導入されたばかりだった。午前中に発表された製造業についての指標が予想よりも悪かったことなどから株価が下落。午後1時過ぎに下落幅が5%に達したため、まず15分間取引が停止された。再開後も売りが止まらずに7%まで値下がりしたため、この日の取引を打ち切る措置がとられた。

 新制度に慣れていない投資家に不安が広がり、株を売れなくなる事態を恐れて売り急いだことが値下がり幅を大きくした可能性がある。(北京=斎藤徳彦)

こんなニュースも