【動画】日本オリジナルの障害者スポーツ「グランドソフトボール」=斉藤寛子撮影
[PR]

 かつて盲人野球と呼ばれたグランドソフトボールが存続の危機にある。視覚障害者の「甲子園」、全国盲学校野球大会は選手や資金が不足し、この夏で廃止される。2020年東京パラリンピックに向けて障害者スポーツに関心が集まるが、国内で生まれた最も古い競技が途絶えかねない。

 投手が転がした球をかがんだ打者が打つ。「レフト!」。弱視の遊撃手がボールの飛ぶ方向を知らせる。全盲の外野手が迷うことなく前方へ走る。全盲の選手が捕球すれば、ゴロでも飛球としてアウトだ。

 和歌山県で昨年10月にあった全国障害者スポーツ大会。グランドソフトボールは中学生以上が出られるが、出場選手約100人の7~8割が40、50代だ。「選手が高齢化する一方で若い人が入ってこない」。全日本グランドソフトボール連盟事務局長の金子芳博さん(65)が嘆いた。

■日本で独自に

 連盟によると、グランドソフトボールが生まれたのは、プロ野球が始まった1930年代。ラジオで野球中継を聞いた視覚障害者たちが独自にルールを考案したとされる。盲学校の生徒が33年には試合をしていたことを示す記録が残る。

 盲人野球の文化を育んだのが、高校生が出場する全国盲学校野球大会だ。51年に始まり、中断もあったが昨年夏に30回を迎えた。だが、選手不足と資金難が深刻で、主催の全国盲学校体育連盟と共催の全国盲学校長会が昨年、廃止を決めたという。

 大会事務局などの説明では、全国に50以上ある盲学校(現在の特別支援学校)の高等部のほとんどに約20年前まで野球部(グランドソフトボール部)があった。しかし、野球人気が低迷。10年前に約2400人だった盲学校高等部に通う生徒は少子化などで約600人減った。パラリンピックで日本選手が活躍する水泳や3人1チームのゴールボールに人気が集まるなか、1チーム10人を集めるのが難しくなったという。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら