[PR]

 首都圏の観光客を呼び込もうと、秋田観光コンベンション協会(秋田市)が、7人の「秋田美人」からのメッセージを当てるクイズ形式の観光ポスターを作った。同様のポスターは今年で5回目。正解者には、抽選で約20人に市内のホテルのペア宿泊券や特産品(3千円相当)などが当たる。

 7人の口の形からそれぞれ平仮名1文字を推測し、つなげて一つのメッセージを考える。これまでの正解は「あ・き・た・で・あ・お・う」(15年)、「お・い・で・よ・あ・き・た」(14年)など。昨年は約1万5千人から応募があり、正答率は約9割だった。

 今回も市内の10~20代の女性7人を起用し、秋田市民市場やポートタワーセリオンなどの主要観光スポットを背景に撮影した。作成した1950枚のポスターは首都圏のJR主要駅や市内の宿泊施設、飲食店などに掲示する。

 応募は特設ホームページ(http://www.2015akitacity-bijin.com別ウインドウで開きます)から。2月29日まで。正解は3月からポスターやホームページに掲載する。