■18歳をあるく

 灘中、灘高、東大。受験競争を勝ち抜いた川上拓朗さん(20)は今、ちょっと立ち止まっている。

 周りは当然のように、自分が東大に進むと思っていた。予備校の模擬試験が悪くて少しだけ焦ったが、睡眠を削って勉強したわけではない。それでも18歳で無事に現役合格。ほっとはしたが、東大合格という中学以来の目標が消えた。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら