[PR]

 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制逃れ問題をめぐり、米国の司法省は4日、同社を米ミシガン州の連邦地裁に民事提訴したと発表した。VWは、巨額の民事制裁金の支払いを求められる可能性がある。米メディアによると、制裁金は200億ドル(約2兆3800億円)前後にのぼる可能性もあるという。

 司法省によると、VWは当局による検査のときだけ窒素酸化物の排出を少なく抑える違法ソフトウェアを搭載したディーゼル車を、米国内で58万4千台ほど販売した。これらの不正車はふつうの走行時には基準を大きく上回る有害物質を排出するため、大気浄化の法令に違反したとしている。不正の対象車にはVWブランドのほか、高級車の「ポルシェ」や「アウディ」の一部も含まれている。

 司法省幹部は「(VWは)米国の消費者の信頼を裏切ったほか、健康も脅かした」と指摘。同省は今後、VWグループの刑事的な訴追を含め、責任を追及していく構えだとみられている。

 VWによる排ガス規制逃れの問題は昨年秋に発覚。同社は不正を認めたうえで米環境保護局(EPA)にリコール(回収・無償修理)の計画を提出済みで、EPAなどの当局サイドが内容を精査している。(ニューヨーク=畑中徹)