[PR]

 橋の欄干から17歳の少年を川に転落させて殺害したとして、千葉県警は5日、同県我孫子市湖北台4丁目、会社員小島庸平容疑者(22)ら4人を殺人の疑いで逮捕し、発表した。小島容疑者は「少年と一緒にいたが落としていない」と話し、他の3人は容疑を認めているという。

 小島容疑者のほかに逮捕されたのは、同市古戸、自称会社員岡田潤太(20)、同市湖北台10丁目、自称無職渡辺真純(21)の両容疑者と同市在住の会社員の少年(19)。

 発表によると、4人の逮捕容疑は4日午前6時ごろ、千葉県柏市布瀬にある手賀川の浅間橋の欄干から我孫子市布佐の会社員佐藤龍太さん(17)を川に転落させて殺したというもの。容疑を認めている3人は調べに対して、「川に飛び込まないと終わらないぞなどと迫られた佐藤さんが服を脱ぎ、欄干をまたいだ」などと説明。小島容疑者と佐藤さんとの間に金銭トラブルがあったとも話しているといい、県警が慎重に調べている。

 県警の説明では、佐藤さんと4容疑者は会社の同僚や知人。佐藤さんは4日午前5時50分ごろ、4容疑者と車で現場に来た。同6時10分ごろに4容疑者から119番通報があり、警察官らが駆けつけたところ、佐藤さんは裸の状態で橋の下付近の川底で見つかった。橋から水面まで約5・8メートルで、現場の水深は数メートル。司法解剖の結果、死因は溺死(できし)の可能性が高いという。4容疑者は当初、佐藤さんが川に物を落とし、川岸から入って溺れたなどと警察に説明していたという。