[PR]

(5日、サッカー・全国高校選手権準々決勝 星稜3―0明徳義塾)

 星稜は主将の阿部が全3得点に絡む活躍で、4大会連続の4強入りを決めた。

 前半26分、根来がペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。相手はこの反則で退場者を出し、星稜は1人多い状況になった。そのPKを阿部が落ち着いて決めて先制。前半終了間際の2点目も阿部からのパスが起点となり、後半14分には左足で強烈なシュートを決めた。「退場者が出て流れが変わった。3点目を決められたのは良かった」

こんなニュースも