[PR]

 バレーボールの全日本高校選手権は5日、各都道府県予選を勝ち上がった男女各52校(東京は3校、北海道、神奈川、大阪は2校、他は1校)が参加して東京体育館で開幕。男女の1回戦各20試合があり、男子は2013、14年大会優勝の星城(愛知)、男子で唯一の初出場校の明和県央(群馬)などが2回戦に進んだ。14年準優勝の鹿児島商は福井工大福井に敗れた。女子では昨秋の国体準優勝の京都橘、13年優勝の下北沢成徳(東京)がともに快勝。6日の2回戦では、2連覇を狙う金蘭会(大阪)と4年ぶりの優勝を目指す東九州龍谷(大分)が対戦する。

 準々決勝までは3セット制、準決勝と決勝は5セット制で争われる。

 ▽男子1回戦 創造学園(長野)2―0埼玉栄、西原(沖縄)2―0一関修紅(岩手)、明和県央(群馬)2―1高知商、福井工大福井2―1鹿児島商、石川県工2―0岡山東商、山形中央2―1日本航空(山梨)、高岡第一(富山)2―0聖隷(静岡)、市尼崎(兵庫)2―0雄物川(秋田)、東海大四(北海道)2―0霞ケ浦(茨城)、高川学園(山口)2―0橘(神奈川)、開智(和歌山)2―0延岡工(宮崎)、城東(徳島)2―1習志野(千葉)、とわの森三愛(北海道)2―0安来(島根)、洛南(京都)2―0松阪工(三重)、鎮西(熊本)2―0荏田(神奈川)、清風(大阪)2―0松山工、上越総合技術(新潟)2―0弘前工(青森)、大分工2―0鳥取商、星城(愛知)2―0佐賀商、崇徳(広島)2―0県岐阜商

 ▽女子1回戦 福井工大福井2…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

こんなニュースも