[PR]

 野菜中心でスパイスたっぷり。バターや小麦粉を使わない、さらりとしたカレー。そんな南インドの料理を提供する店が福岡で目立っている。ブームのきっかけになったのは、現地の味にほれ込んだ、あるサラリーマンの取り組みだった。

 昼時に若い女性らでにぎわう福岡市にある飲食店「ゼリージュ」(中央区赤坂3丁目)。人気メニューは、南インドの定食にあたる「ミールス」だ。野菜と豆のスープ「サンバル」や、野菜のマリネ「サンダル」など11種類のおかずとご飯を混ぜて食べる。

 創作カレーを出していたが、一昨年からミールスを始めた。反響は大きく、今では客の大半がミールスを注文し、多い時で1日に50皿が出る。昼は1150円から、夜は1450円から。オーナーの水田亮輔さん(36)は「受け入れられるか不安だったが、わかる人もいるんだと思った」。

 福岡市内の南インド料理店では…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら