2015年に国内で売れた新車は、前年より9・3%少ない504万6511台だった。前年割れは東日本大震災があった11年以来、4年ぶり。500万台の大台は守ったが、リーマン・ショックがあった08年とほぼ同じ水準で、低調だった。税金が高くなった軽自動車の不振が響いた。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が5日、発表した。

 軽は前年より16・6%減の189万6201台だった。15年4月の軽自動車税増税の影響が大きい。1~3月は、増税前に車を買う「駆け込み」で、ここ50年ほどでも高水準の約63万台が売れた。しかし、4月からは販売ペースが大幅に落ち、上積みできなかった。

 新車全体に占める軽のシェアも…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも