[PR]

 JR各社の普通・快速列車が乗り放題の「青春18きっぷ」が3月26日から、北海道新幹線の青函トンネルを含む一部区間で利用できるようになる。JR各社が5日、発表した。「オプション券」の購入が必要だが、18きっぷで新幹線に乗れる仕組みは初めて。

 18きっぷは、青函トンネルをまたぐ津軽海峡線の蟹田(かにた)(青森県)―木古内(きこない)(北海道)など、普通・快速列車が運行されていない区間に限り、特急の自由席に乗れるなどの特例がある。新幹線が開業した後は特急も廃止となるため、JR北海道は「利便性を損なわない形を考えた」という。

 オプション券は片道2300円。新幹線の奥津軽いまべつ(青森県)―木古内と、第三セクター・道南いさりび鉄道の木古内―五稜郭の区間に適用され、正規の運賃・特急料金より1730円安い。

 18きっぷは1枚1万1850円で、5回利用できる。年間約70万枚が売れる人気商品。今春の販売期間は2月20日~3月31日で、利用期間は3月1日~4月10日。(日比野容子)