大学入試の過去問題集「赤本」を手がける京都の出版社が、初の料理本を出した。受験生の健康に気づかうメニューがそろい、受験シーズンを迎えて売れ行きも好調という。

 世界思想社教学社(京都市左京区)が昨年7月に出した料理本「赤本合格レシピ」。表紙はおなじみの赤本シリーズに似ている。京都の大型書店では参考書や料理本のコーナーに並び、ふと手に取る人も目立つ。

 京都市出身の家庭料理研究家・奥薗壽子(おくぞのとしこ)さんが、おいしく手軽にできると考案したレシピで作るメニュー56品を紹介。記憶力が高まるという栄養素DHAを効率よく取れる「さば缶クッパ」、体調が優れない時でもさっぱりして食べやすい「豆腐バーグ」もある。