[PR]

 慰安婦問題をめぐる日韓合意を受け、台湾の外交部は5日、台湾人元慰安婦の支援団体や関係部局と対策会議を開き、「正式な謝罪と賠償」などを日本側に求める立場を確認した。早期に台湾との協議に応じるよう日本側に働きかけていくという。

 会議では、元慰安婦の名誉と尊厳の回復、生活支援も求めるとした。出席した支援団体の「婦女救援基金会」は会議に先立ち、日韓合意の日本政府拠出金は賠償ではないと指摘し、「遺憾」とする声明を出した。(台北=鵜飼啓

こんなニュースも