[PR]

 中東の大国サウジアラビアとイランの対立に関して、5日までにロシアやトルコが対話を仲介する考えを表明した。一方、クウェートは5日、駐イラン大使を召還した。サウジなどがイランと断交したのに追随した。クウェートの国営通信社が伝えた。

 湾岸諸国でつくる湾岸協力会議(GCC)は5日、サウジアラビアの首都リヤドで9日に臨時外相会談を開くと発表した。ロイター通信が伝えた。

 サウジによるイスラム教シーア派指導者ニムル師の死刑執行に対し、シーア派を国教とするイランは猛反発。最高指導者ハメネイ師らが批判声明を発表した後、首都テヘランで群衆がサウジ大使館を襲撃した。

 サウジはイランとの外交や経済関係の断絶を発表。4日にはバーレーン、スーダンが断交を表明したほか、アラブ首長国連邦(UAE)も大使の召還を発表した。

 ロシア外務省関係者は4日、タス通信に対して、両国の外相をモスクワに招待する用意があると話した。またトルコのダウトオール首相は5日、「トルコは、できることは何でもする準備がある」と述べた。

 イランのロハニ大統領は5日、「外交交渉が最良の選択肢だ」と述べ、関係修復に期待を示した。

 一方、国連安全保障理事会は4…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも