[PR]

 自民党の佐藤勉国対委員長は6日、今夏の参院選に合わせて衆院選を行う衆参同日選の可能性について「我々は常在戦場だ。決して全く全然ないという話ではない」と述べた。都内で開かれた自民、公明両党の幹部会合の後、記者団に語った。

 衆参同日選については、安倍晋三首相は4日の年頭記者会見で「全く考えていない」と話している。ただ、佐藤氏は、個人的な考えとした上で「現場感覚で言うと、非常に厳しい参院選になるので、いろんな選択肢を考えなければいけない」と話した。

 幹部会合では、通常国会の日程について話しあった。2016年度当初予算案が国会に提出される22日より前に15年度補正予算案を成立させるため、8日から衆院予算委員会を開く方針を確認した。

こんなニュースも