【動画】大阪市消防局出初め式=長野真撮影
[PR]

 新春恒例の大阪市消防局による出初め式が6日、同市住之江区のアジア太平洋トレードセンター(ATC)周辺で行われた。式では市民参加のパレード、消火・救助訓練などに続き、陸と海上からのカラフルな一斉放水が披露された。

 出初め式は今回で67回目。消防車両49台や消防艇4隻、ヘリコプター2機、さらに職員や地域防災に携わる市民ら約1300人も参加した。

    ◇

 東京消防庁の出初め式が6日、東京都江東区の東京ビッグサイトであった。約2800人の職員や消防団員のほか、消防車両143台、ヘリコプター5機、消防艇8艇が参加し、救助訓練などを披露した。

 式では、この日から運用が始まる「航空消防救助機動部隊(通称エアハイパーレスキュー)」の発隊セレモニーもあった。空から消火・救助にあたる専門部隊で、ヘリからの隊員降下や放水活動などを実演した。

 このほか、伝統のはしご乗りや一斉放水、大地震を想定した消防演技などを披露し、会場を沸かせた。