[PR]

 福岡県が発注した工事に関する情報を漏らした見返りにビール券を受け取ったなどとして、福岡県警は6日、県福岡県土整備事務所の主任技師、永江貴容疑者(37)=福岡市博多区=を加重収賄容疑で逮捕し、発表した。また、同県みやま市の土木会社、三開永江組社長の永江敏彦容疑者(61)=同市=を贈賄容疑で逮捕した。県警は2人の認否を明らかにしていない。

 福岡県職員が汚職事件で逮捕されたのは、2010年に前副知事が在職当時の収賄容疑で逮捕されて以来。県警は同日午後、県庁の本部庁舎などを家宅捜索した。

 捜査2課によると、永江貴容疑者は13~14年ごろ、県が発注した堤防など複数の工事で、秘密情報を含む実施設計書を永江敏彦容疑者に提供。その見返りとして数回にわたり飲食接待を受けたりビール券を受け取ったりして、計12万円分の供与を受けた疑いがある。一部の工事は三開永江組が落札した。

 実施設計書は資材単価や要員数などの情報が記されており、県によると入札前には内容は公開されていない。県警は三開永江組が入札の参考にしたとみている。永江貴容疑者は当時、県県土整備部で主任技師を務めていた。2人に血縁関係はないという。(張守男)