[PR]

 プロ野球楽天の新人選手が6日、仙台市泉区の合宿所に入寮した。ドラフト1位のオコエ瑠偉(東京・関東一高)は“秘密兵器”を持ち込んだ。

 高校時代、腰痛に悩まされたオコエ。改善策として「寝る姿勢が大事」と特注のマットレスや枕などを購入した。荷ほどきを済ませてマットレスに横たわると、「最高。3秒で寝られる」とご満悦だった。

 一方、ドラフト4位の堀内謙伍(静岡高)は友人からもらったという「くまのプーさん」のぬいぐるみを持参。自室での写真撮影では片時も離さず、「ぷにぷにしていてかわいい」と抱きしめたり頭をなでたり。将来は楽天のグッズでコラボすることを夢見ている。「そのためにも早く活躍しないと」と初々しく語った。