[PR]

 日本アメリカンフットボール協会が3日にあった日本選手権ライスボウルで反則を見落とした問題で、協会は両チームに対して謝罪した。パナソニックの荒木監督は「協会の判断に従います。この件について、コメントすることはありません」。立命大の米倉監督は「抗議など一切するつもりはありません」と語った。

こんなニュースも