[PR]

■石関貴史・維新の党国対委員長

 残念な構図だが、(安倍晋三首相が)一強多弱の中で政権をされていることは事実だ。その中で、余計なことや野党を挑発するようなことをわざわざおっしゃるというのは、本人の性格が悪いのか腹が小さいのかという印象を受けざるを得ない。

 もう少し堂々と、多少の批判は受け止めて自分の主張をされ、丁寧に答弁をされるというのが日本の総理のあるべき姿ではないか。立派だと評価される過去の総理で、ああいう態度をとった方がいたかどうか。強い政府、政権を率いている方にしては、少し言動が大物感に欠けるというのが今日の(本会議での)総理の印象だ。(記者会見で)

こんなニュースも