[PR]

 千葉市発注業務の入札情報を業者に漏らしたなどとして、千葉県警は7日、千葉市職員の光橋政広容疑者(60)=千葉県茂原市=と、下水道コンサルタント会社「NJS」(東京都)の社員2人を官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕し、発表した。県警は認否を明らかにしていない。

 同社で逮捕されたのは、東京総合事務所部長の河津謙二容疑者(61)=千葉県流山市=と、茨城出張所長兼取手出張所長の稲垣三郎容疑者(43)=茨城県土浦市。

 捜査2課によると、光橋容疑者は千葉市下水道建設部の係長だった2014年7月28日ごろ、同市内で、市発注の下水処理施設「南部浄化センター」の設備更新に関する設計業務について、非公表の予定価格2269万800円を河津容疑者に漏らし、公正な入札を妨害した疑いがある。稲垣容疑者は河津容疑者から価格を聞き、入札にかかる設計を担当したという。

 入札は同月30日にNJSを含む3社が参加して制限付き一般競争で行われ、NJSが落札した。