[PR]

 ラグビーの第95回全国高校大会は7日、大阪・花園ラグビー場で準決勝があり、東海大仰星(大阪第1)と桐蔭学園(神奈川)が決勝進出を決めた。東海大仰星は前回優勝の東福岡の追い上げを振り切り、桐蔭学園は石見智翠館(島根)から計7トライと攻撃力を発揮した。

 両校による決勝は2年前の93回大会と同じ組み合わせで、そのときは東海大仰星が19―14で勝った。決勝は11日にあり、東海大仰星は4度目、桐蔭学園は5大会ぶり2度目の優勝を目指す。

     ◇

▽準決勝

東海大仰星24―22東福岡、桐蔭学園46―31石見智翠館

こんなニュースも