[PR]

 羽生善治名人への挑戦権を10人のトップ棋士が総当たりで争う第74期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)は8日、7回戦2局が東京と大阪の将棋会館で指され、行方尚史八段が83手で森内俊之九段に、久保利明九段が109手で広瀬章人八段にそれぞれ勝った。

 行方八段は5勝2敗と勝ち越しを決めて挑戦権争いに踏みとどまり、森内九段は3勝4敗と黒星先行。久保九段は2勝5敗、広瀬八段は1勝6敗となった。

こんなニュースも