[PR]

 外国人観光客向けに大阪市の観光スポットを周回するバス「大阪ワンダーループ」が、3月から運行を始める。「乗車券」代わりのガイドブックは、丸一日乗り降り自由で3千円。バス停周辺の地図や提携店の割引券付きだ。家電量販店やドラッグストア近くも回り、さらに「爆買い」してもらう狙いがある。

 ワンダーループは大阪市の観光関連業者らでつくる一般社団法人の事業。屋根のない2階建てバスが梅田や道頓堀、日本橋、阿倍野、大阪城公園など約22キロを巡り、140分で一周する。1日10便。2台使うため、バス停1カ所に停車する頻度は70分間隔になる。

 13カ所あるバス停の名称の一部には「新世界 串かつだるま」や「日本橋 上新電機」など、近くの店名が含まれる。スポンサー料やバス停の敷地を供出した店に、バス停の命名権やガイドブックに紹介される権利を与えた。

 大阪観光局によると、昨年1~…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら