[PR]

 衣料品大手「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが、暖冬で大幅減益となった。7日に発表した2015年9~11月(第1四半期)の決算は、売上高は海外出店などで前年同期比8・5%増の5203億円だったが、営業利益は同16・9%減の759億円にとどまった。

 ユニクロの国内の既存店売上高は9、10月は前年を上回ったものの、平年より気温が高かった11月は8・9%減と大幅ダウン。保温機能のあるヒートテックやフリースなどの売れ行きが苦戦したという。世界的にも暖冬で、海外でも冬物衣料がふるわなかった。

 12月も暖かさは続き、国内の既存店売上高は前年より11・9%減だった。ファーストリテイリングは通期の業績予想を下方修正し、売上高を1兆9千億円から1兆8千億円に、営業利益を2千億円から1800億円に引き下げた。(奥田貫)

こんなニュースも