[PR]

 世界最大の家電ショーとされる「CES」だが、電気自動車(EV)の展示も目立つ。米国企業だが、中国系とも言われる「謎のEVベンチャー」が試作車を初披露。米ゼネラル・モーターズ(GM)など大手もこぞってエコカーを並べ、来週デトロイトで始まる北米国際自動車ショーのお株を奪っている。

 レース車のような外観と、宇宙船をイメージした1人乗りシート――。EVベンチャーの「ファラデー・フューチャー」は、SF映画に登場しそうなデザインの試作車「FFゼロ1」を公開した。

 同社は中国の大手動画サイトの最高経営責任者(CEO)らが出資して設立したとされる。先輩格の米テスラモーターズから引き抜いた幹部を中心に開発を重ね、昨年末には10億ドル(約1200億円)の巨額を投じてラスベガス北部に新工場を作ると発表。どんな車なのか注目を集めていた。ただ、肝心の価格などは非公表。このデザインのまま発売するかも流動的だ。

 自動車大手では、GMが年内に…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら