[PR]

 商売繁盛を願う「十日えびす」(9~11日)の準備が進む兵庫県西宮市の西宮神社の拝殿に8日朝、体長2・5メートル、重さ250キロの巨大な本マグロが奉納された。神戸市東部水産物卸売協同組合(同市東灘区)から運び込まれ、おはらいの後、商売繁盛の神様「えべっさん」にお供えされた。

 カチカチに凍ったマグロの体にさい銭を貼り付けると「お金がよく身につく」とされる。1970年から奉納が続き、十日えびすの名物になっている。兵庫県川西市から参拝に来た、たこ焼き店主の神田敬史(たかし)さん(30)は「昨夏に息子が生まれたので、がっつり稼ぎたい。店がうまくいくようお願いしました」と話した。(吉沢英将)