[PR]

 北朝鮮は8日昼時点で、韓国による軍事宣伝放送の再開に対して公式の反応を示していないが、前線部隊の一部を増強している模様だ。昨年8月には、放送を一時再開した韓国に「軍事行動を起こす」と警告したことがあり、今後、緊張が高まるのは必至の情勢だ。

 北朝鮮の公式メディアは8日午後1時現在、韓国の軍事宣伝放送の再開について報じていない。韓国統一省によれば、北朝鮮からの連絡や通告もないという。

 しかし、韓国が昨年8月、非武装地帯(DMZ)で発生した地雷爆発事件に対する報復措置として放送を一時再開した際、北朝鮮軍は即時中止を要求。DMZで威嚇射撃を行ったほか、潜水艦を多数出航させた。

 韓国の専門家によれば、北朝鮮は、放送が前線兵士に心理的な動揺を与えることを懸念しているという。放送に金正恩(キムジョンウン)第1書記を批判する内容が含まれているため、強硬な姿勢をとっているとの分析もある。

 韓国軍は在韓米軍と協力して、北朝鮮による武力挑発を抑止する考え。在韓米軍によれば、米軍側も今後、戦略爆撃機や原子力空母などの派遣も含め、積極的に韓国を支援していく考えという。韓国警察庁は8日、南北軍事境界線に接した地域の警察署を中心に、北朝鮮の武力挑発に対する警戒態勢を強化するよう指示した。

 韓国政府は武力衝突の可能性が高まっている状況を受け、南北の民間交流を制限する方針。韓国北部の京畿道坡州市によれば、軍事境界線近くの民間人統制区域内を巡る観光は8日までに一時中断したという。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも