[PR]

 広島県の税務情報システムを使い、探偵に個人情報を漏洩(ろうえい)した見返りに現金を受け取ったとして、県警は8日、県東部県税事務所職員の川崎彰夫容疑者(46)=同県福山市、地方税法違反(秘密漏洩)などの罪で起訴=を加重収賄と地方税法違反(同)の疑いで逮捕し、発表した。また、探偵の南康公(やすひろ)容疑者(43)=同県尾道市=ら2人を贈賄などの疑いで逮捕した。

 川崎容疑者は「漏洩の見返りに報酬を受け取ったことは間違いない」と容疑を認めているが、南容疑者は金銭の授受への関与を否認しているという。

 捜査2課によると、川崎容疑者は昨年2月と8月、南容疑者ら2人から依頼され、納税者情報を管理している県税務情報システムを使い、車の使用者情報を計2回入手し、教えた見返りに数万円を受け取った疑いがある。

 捜査関係者によると、川崎容疑者は県職員として働きながら探偵をしており、福山市内で有力な探偵事務所の経営者の南容疑者に接近したとみられるという。川崎容疑者は昨年12月、今回とは別の車の使用者情報を南容疑者に漏洩したとして地方税法違反(秘密漏洩)などの罪で起訴されている。