[PR]

 「ガッツ!」。JR総武線の東京・浅草橋駅前で、ねじり鉢巻きに法被姿のおじさんが朝、通勤や通学の人たちにエールを送り続けている。活動を続けて20年。人呼んで「ガッツおじさん」。東日本大震災の後は、出身地の被災地にも元気を届けている。

 「きょうも張り切っていきましょう。ガッツ!ガッツ!」「いってらっしゃい。ガッツ!」

 毎週水曜の朝7時半、駅東口の階段下。近くで居酒屋「おさかな本舗 たいこ茶屋」を経営する嵯峨完(みつる)さん(67)の声が、小気味よいリズムで響く。行き交う人たちに拳を差し出すと、スーツ姿の男性が拳を出してグータッチ。女子高生も恥ずかしそうに拳を合わせ、笑顔になった。

 通勤で浅草橋駅を利用する会社員の黒川貴さん(28)は「仕事でつらいことがあっても、落ち込んでばかりいられないと思える」。10年以上、駅を使う会社員女性(37)は「駅の名物おじさん。会えると、ハッピーな気分になれる」。

■1時間半で数千回

 午前9時までの1時間半で発する「ガッツ!」は数千回になるという。のどや拳を痛めることもある。それでも、やめない。「人は鏡。みなさんが元気になってくれると、自分もパワーがみなぎる」

 仙台市若林区出身。宮城工業高を卒業後、板前を目指して上京した。ホテルの料理長を経て1982年に独立し、東京のほか千葉、埼玉で居酒屋、カラオケパブなど8店舗を展開。「当時は店を出せば出すだけもうかった」。だが、バブル崩壊で約5億円の負債を抱え、現在の浅草橋以外の七つの店を失った。「正直、夜逃げも考えた」

 このときに救ってくれたのが、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら