[PR]

 東京の新宿駅南口地区に今春開業予定の新交通ターミナルの愛称が「バスタ新宿」に決まった。公募で国内外から寄せられた1733点から国土交通省が選んだ。

 新ターミナルは1階部分がJRのホーム・線路、2階が改札などで、3~4階にタクシーやバスの乗り場が設けられる。駅周辺に点在する高速・長距離バス乗り場19カ所が集約され、1日の発着便数1600便と国内最大規模になる予定だ。

 国交省によると、「バスタ」は30~80代の11人が提案。「バスターミナルの略」「バスがスター(星)のように各地に広がる場所」など理由は様々だという。担当者は「短くてイメージしやすいと選んだ。多くの人に親しんでほしい」と話している。(伊藤あずさ)