[PR]

 東京都小金井市で7日、回送中の路線バスが暴走しアパートに突っ込んだ事故で、バスのドライブレコーダーに、男性運転手(49)が運転席で意識を失う様子が映っていたことが、捜査関係者への取材でわかった。運転手は命に別条はなかったが入院しており、警視庁は回復を待って運転手に事情を聴く。

 捜査関係者によると、ドライブレコーダーには、運転中に意識を失い、上を向いて運転席にもたれかかった状態の運転手の様子が映っていた。バスはその後、対向車線にはみ出し、歩道に乗り上げてバス停留所の標識などを倒し、再度道路を横切って道路左のアパートに突っ込んだ。ブレーキ痕はなかった。運転手は駆けつけた警察官に「事故の記憶がない」と話したという。

 運転手は7日午前10時半ごろから路線バスに乗務。午後1時半ごろ、営業所に戻って休憩した。午後3時40分ごろ、バスに乗って営業所を出発し、間もなく事故が起きたという。回送中で乗客はおらず、歩行者やアパートの住民にもけがはなかった。