前田祐吉さん(まえだ・ゆうきち=元慶大野球部監督)が7日、肺炎で死去、85歳。通夜は15日午後6時、葬儀は16日午前9時30分から東京都品川区西五反田5の32の20の桐ケ谷斎場で。喪主は長男章さん。

 高知城東中(現高知追手前高)から慶大に進学。卒業後は社会人の日本麦酒(現サッポロビール)を経て、60年から慶大の監督に就任。同年秋、激闘として語り継がれる「早慶6連戦」を戦った。65年で一度は退任したが、82年に再び監督に就任。93年まで務め、計36シーズンで8度のリーグ優勝に導いた。