キリンビールは8日、2015年のビールの販売数量が1994年以来21年ぶりに前年を上回ったと発表した。「一番搾り」ブランドに販促費を集中した効果が出た。若者のビール離れや高齢化で長期低落傾向が続くビール市場だが、活気が戻りつつあるようだ。

 同社の販売数量は5220万ケース(1ケースは大瓶20本換算)で、前年を1%上回った。発泡酒と第3のビールを加えたビール類の合計でも06年以来9年ぶりに前年を超えた。

 サントリービールとサッポロビールも2年ぶりにビール販売数量が伸びた。サントリーは昨年9月に新たに「ザ・モルツ」を投入し、前年を5%上回った。サッポロも前年比0・8%増。味をリニューアルした「黒ラベル」が0・2%増と21年ぶりに前年を上回ったことが原動力になった。

 ビール市場で首位のアサヒビールは1億610万ケースを売ったが、前年より2%減だった。