[PR]

 兵庫県西宮市河原町の市立中央体育館・武道場に6日に姿を現したサルは、その後も同じ建物の屋根の上にとどまっている。市や西宮署は8日も捕獲を試みたが逃げられ、日没で断念した。

 市によると、サルは6日以降、主に体育館の屋根の上で過ごしている。屋根は高いところで地上から約20メートルあり、近づいて捕獲するのは難しいという。

 8日夕、地上に捕獲用の網を持った市職員らが待機する中、消防隊員が屋根の上へ。サルを地上へ追い込もうとしたが逃げられた。

 サルは左脚をけがしている。市はピーナツを置いたわなを近くに仕掛け、様子を見るという。