[PR]

 韓国の尹炳世(ユンビョンセ)、中国の王毅(ワンイー)両外相は8日夜、北朝鮮の核実験への対応策について電話協議した。韓国外交省によると、尹氏が北朝鮮への厳しい対応を求めたのに対し、王氏は韓国の考えに理解を示す一方で、対話を模索する考えも示した。

 尹氏は、北朝鮮に相応の代価を負わせるよう主張。国連安全保障理事会で「強力な内容」の制裁決議を採択できるよう中国に協力を求めた。

 これに対し、王氏は①朝鮮半島の非核化②朝鮮半島の平和と安定の維持③対話による解決、の3原則を堅持してきた点を強調。「三つは相互に関連しており、どれ一つとして欠くことはできない」と主張した。中国国営新華社通信は、王氏が「会談の軌道に戻ることを断固推進していく」とも述べたと伝えた。

 韓国政府内では、非核化を最重要視しない中国の姿勢に不満の声が上がっている。朴槿恵(パククネ)韓国大統領は核実験後、日米など各国首脳と協議しているが、習近平(シーチンピン)中国国家主席との対話は実現していない。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも