[PR]

 商売繁盛の神様として知られる福岡市博多区の十日恵比須神社で9日、博多券番の芸妓(げいぎ)衆が開運などを願って参拝する新春恒例の「かち詣(まい)り」があった。

 芸妓の女性たちは紋付きの正装で稲穂のかんざしを挿し、参道を練り歩いた。三味線の音色が響き、あでやかな姿が大勢の参拝客の目を引いた。8日に始まった正月大祭は名物の福引などでにぎわい、11日の「残りえびす」まで続く。