[PR]

 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制逃れの問題で、不正を調査している米国の州司法当局に対し、VW側が電子メールなどの幹部どうしでやりとりした情報の提供を拒否していることが8日、明らかになった。当局側は「我慢の限界が近い」とVWを非難し、情報を出すように求めている。

 ニューヨーク州とコネティカット州の両司法当局は朝日新聞の取材に対し、VWがプライバシー保護を厳格に定めたドイツの法律を根拠に、メールの文面などの提出を拒否していることを明らかにした。

 ニューヨーク州の司法当局は取材に、「数カ月間のVWの対応は非常に遅く、我々のVWへの堪忍袋の緒が切れかけている(Our patience with Volkswagen is wearing thin.)」とするシュナイダーマン司法長官名の声明を示した。コネティカット州司法当局も取材に「VWはこれまで、公には米当局の調査に全面的に協力すると言ってきたが、実際はドイツの法律を理由に協力を拒んでいる。不満がたまる対応ぶりだ」というコメントを出した。

 この内容は、米紙ニューヨーク・タイムズが8日に報道した。

 VWの排ガス不正をめぐっては、複数の州当局が追及姿勢を強めている。今月4日には、米司法省が一連の不正に対する制裁金の支払いを求め、VWグループを米ミシガン州の連邦地裁に民事提訴した。(ニューヨーク=畑中徹)