[PR]

 中谷元・防衛相は9日、防衛省で英国のファロン国防相と会談し、海洋進出を強める中国を念頭に、防衛協力を進めることを確認した。北朝鮮の核実験についても「断じて容認できない」との認識で一致した。

 会談では日本周辺で航空自衛隊機と英空軍戦闘機による共同訓練を年内に初めて実施するほか、東南アジア諸国連合(ASEAN)の各国に対して海洋安全保障分野の能力構築を共同で支援することも決めた。

 防衛装備・技術協力では、防弾チョッキなど個人防護装備に関する共同研究を新たに始め、銃撃を受けた際の衝撃による人体への影響を調査する。安全保障関連法の成立を踏まえ、自衛隊と英軍が物資を融通し合う物品役務相互提供協定(ACSA)の早期締結に向けて交渉を加速させることも確認した。

 共同訓練や双方の部隊運用を容易にするための「訪問部隊地位協定」を視野に、法的手続きのあり方についても議論を始める。