[PR]

 昨秋のプロ野球ドラフト会議でオリックスから指名された12選手(育成2選手を含む)が9日、神戸市西区の選手寮兼室内練習場「青濤館(せいとうかん)」に入寮した。

 1位の吉田正(青学大)が持参したのは、昨季の大リーグでナ・リーグMVPに輝いたハーパーの肖像画。大学の同期から贈られたという。「理想に近い打者なので、近づきたい」

 来年から寮が大阪市に移るため、青濤館での生活は長くても1年程度。2位の近藤大(パナソニック)は「この1年で、ものを増やさないようにしたい」。

こんなニュースも