[PR]

 大分県豊後高田市で2014年、木造2階建て住宅が全焼して2人が死亡する火災があり、県警は9日、実家に火をつけて母親と妹を殺害したとして、この家の長男で派遣社員の溝部和也容疑者(31)=同県中津市上如水=を殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。

 県警によると、この火災で焼死したのは、和也容疑者の母親で会社員の溝部喜美代さん(当時56)、妹で介護職員の亜美さん(当時26)の2人。発表によると、和也容疑者は14年12月19日午前4時ごろ、豊後高田市高田の実家に放火し、延べ約150平方メートルを全焼させ、家の中にいた母親と妹を焼死させた疑いがある。

 県警は、焼け方が激しかった1階居間に火の気がないうえ、漏電の跡もないことから、捜査を続けていた。当時は福岡県苅田町に住んでいた和也容疑者が、出火時間帯に実家付近にいたことが周辺の防犯カメラの映像や聞き込みから判明し、関与を調べていた。

 県警によると、和也容疑者は事件の約1カ月前まで実家で母親と妹と3人で暮らしていたという。実家はその後、母親と妹の2人暮らしだった。

 出火当日、和也容疑者は現場近くで朝日新聞記者の取材に応じ、「火事と聞いてびっくりして福岡から飛んできた。つい1週間前に(実家に)帰ってきて2人と顔を合わせたばかり。言葉が出ない」などと話していた。

 現場は、市中心部に近い住宅地の一角。