[PR]

 自民党の二階俊博総務会長は9日、今夏の参院選に合わせて衆院を解散し、衆参同日選を実施する可能性について「(安倍晋三首相側が)同日選挙をしたいと思っているのは間違いない」と述べた。和歌山市で記者団に語った。

 同日選について安倍首相は「全く考えていない」と説明してきたが、二階氏は「(首相側は)しようと思っているから、あるかもしれない。(衆参)一緒にやった方がいいと思っている」と話した。

 さらに、首相周辺や自民幹部から同日選を示唆する発言が出ていることについて「たいして大義名分もないのに『解散、解散』とあおり立てるのはどうか。自民党は、いつ解散があっても結構だから、お好きにどうぞ。しかし、あんまり世間をもてあそばないようにしてもらいたい」とクギを刺した。

 また、連立を組む公明党は同日選に反対姿勢とされることについては「公明党だって、解散と言われれば『じゃあやろう』となる。あまり深く考えなくてもいい」とも語った。(石田耕一郎)

こんなニュースも