[PR]

■谷垣禎一・自民党幹事長

 自民党の選挙は出来のいいとき悪いとき、もちろんあるわけですが、やや長い期間で見ると自民の得票数はほぼ一定しています。何が勝敗を分けるかというと、ひところ「自民党、感じ悪いよね」という言葉がございましたが、みんながそう思ってそれが1人に集中すると自民が敗北する、というのが過去のパターンではないかと思うんです。

 ですから「自民党、感じ悪いよね」ということで、それぞれの選挙区で(1人の候補者に)集中していくような体制が我々にとって望ましくないことは事実です。そういう意味で野党統一候補に警戒感を持たないわけではありません。

 ただ、私も国会のなかで見ておりますけど、いろんな党がいつになったら合併するとかしないとか言っています。それから、とくに共産党のほうからいろんな協力の申し出があったりしますと、いったい核になるのは何なのか、私の目からはよく分かりません。

 人生を政治でやることを選んだ人間の一人として、我々の相手はどういうものなんだろう、どういう人たちなんだろう、どういうことでこの日本を導いていくんだろうというのが、なんだかイメージが明確でないね、というのは、まことに残念なことだと思っております。(京都市で記者団に)

関連ニュース